2018年最新心理学から基づく男性に意識させる方法

2月 12, 2018

あいづちで必ず共感アピール

あなたに共感します、というのは相手にとって心地よいものです。
すごい!と賞賛するだけでなく、へー、わたしも知らなかったです、など、とにかく相手と同じ状況であることをアピールします。

意見を求められた時に「あなたと一緒です」や「どちらでもいいです」など、自分を持っていない回答をしてしまうと、「自分の意見がないやつ」という印象になり、そんな人に共感されてもあまり嬉しくなくなります。相手が望む回答をさぐりながら、意見は必ずいいます。

とにかく笑顔を絶やさないことだと思います。話しにくい人にはそれだけで近寄れないオーラがあるので、たとえ口下手で自分からは話しかけられなくても、「近づいてください」という姿勢は必要になります。

食事しながら会話する時は同性のつもりで会話して心に接近♡

同性の友達の様に気楽に相手の仕事の話を聞いて心を開く。

自分の趣味や楽しんでる話をする、 相手の事は自分から聞かない。

クールに楽しく過ごす
女を出さないことも重要。

聞き役になる 相手を褒めてあげる
最近作った料理の話をする または 教えてあげることも大切。

とにかく男性を褒めまくる

上から目線での褒め言葉は禁句。

例えば「よくできました」「頑張ったね」「やればできるじゃん」とか言うと「何様?」とか思われそうなので。

もっと単純に「すごい」「できる」「頼れる」と言われて喜ばない男性はいないような言葉を言う。

男性はかっこよく思われたいので、そこをしっかり褒めたほうが良いと思います。

褒められると人は好意を持ってしまいます。

しかしながら、褒めすぎてもよくないと思います。

褒めすぎても、本心なのかと信用されなくなって気がします。

褒めるタイミングとか難しいと思いますが、褒めたり褒めなかったりという頻度が良い気がします。

一緒にご飯を食べるときは対面で、相手と同じ動作をして意識させる!

たとえば、相手が飲み物を飲んだら自分も飲み物を飲む。食べ物を食べたら自分もそうする。同じ動作をする事で相手や意識するようになるみたいです!

わざとらしくやらない。とにかく笑顔で相手の話を聞くときにリアクションを大きくとる!

適度のソフトタッチしノックアウト♪

気になる異性と飲みに行ったりご飯を食べに行くときは、聞き上手になり話に応じて相手の体の一部をそっと触ったりたたいたりしてみる。(ソフトタッチ)あいづちを打ちながら、手を握ってみる。

話をするときは相手の目をじっと見ながら、ギリギリまでそらさない。

気にならない相手にすると、大きく誤解されるので扱い注意。

さりげなくボディタッチ!!

何人かの友達同士、職場で複数の人数がいる時にあえてボディタッチをします。
あえて、複数の人がいる中でやるのは他の人達にも
あの人に気があるんだ~。
とわかってもらうためです。

あまり、必要以上にボディタッチしすぎると浮いてしまうし
意中の人にもうざがられてしまうので、あくまでもさりげなくがポイントです。

あまりベタベタ触り過ぎないようにしよう!

身長差がある場合は極力、近い距離で目を見て話す。

寒い日の手の繋ぎ方

冬デートするときに、手を繋ぐ時は、相手の上着のポケットに手を入れ、そのなかで手を繋ぎます。

はじめは腕を組むだけにして、さりげなくポケットに手を入れるところです。

男性に対してさりげなく、下から顔を覗きこみ、笑顔を作ります